MIHOYO OCHI  JAZZ VOCAL  越智美保代  プロフィール

 

15歳でプログレッシヴロックグループ「YES」に魅了され、

大学でロック系サークルに入るつもりであったが縁あってフュージョンバンドでピアノを弾くこととなり、ジャズ喫茶に通い始める。

三回生の秋の学祭合同セッションでスキャットシンギングをしたことをきっかけにジャズヴォーカルに興味を持ち、モダンジャズ系サークル(The Bachelors)に移る。

 

(Photo by 飯島立士)

卒業後上京。会社勤めをしながらライブハウスやホテルラウンジで歌い始め、明光院正人氏プロデュースのジャズコーラスユニットでも活動する。


この頃、来日中の Mark Murphy 氏が自身のライブに観客として訪れ飛び入りで参加。Murphy氏のヴォーカルインプロヴィゼイションに衝撃を受け、以降の指針となる。
 

1993-'95年中京テレビ『めいほう高原音楽祭』に出演。総合司会森山周一郎氏のアシスタントMCも務め、森山氏からMCとしての才覚を見い出される。

1994〜'95年『MIHOYOのジャズ&ト-ク』(JTV中京制作)のパーソナリティ他、音楽イベントの司会者としても活躍。

1999年から山野楽器ヤマノミュージックサロン・ジャズヴォーカルコースの講師となる。

2001年、ファーストアルバム「幸福の軌跡~in the meeting of your love~」を発表。
同年、NHK「セッション505」に赤松敏弘グループで出演する。

スイングジャーナル誌・第35回ジャズディスク大賞ヴォーカル部門でノミネートされる。

スイングジャーナル評「ジャズをバックボーンとしていることの強い確信と豊かな表現力」
ジャズライフ評「イケてます。清楚で落ち着きのある歌唱力」

(Photo by 佐藤久)

香川県高松市に生まれ愛媛県松山市に育つ。

松山東雲学園→松山市立城東中学校→愛媛県立松山西高等学校→愛媛大学法文学部卒業後上京。